煙草のニオイ対策

喫煙者と非喫煙者の部屋が分かれることは、個室待機のメリットのひとつです。厚生労働省が平成26年に実施した調査によると、煙草を吸う女性は8.5%と言われています。およそ12人に1人が煙草を吸っている計算です。当然、デリヘルで働く女性のなかにも喫煙者と非喫煙者がいますが、彼女たちが同じ部屋で待機しているせいでトラブルが起きることも少なくありません。

デリヘルを利用する男性のうち、煙草を吸う女性を好まないお客様もいます。彼らのなかには、デリヘル嬢から煙草のニオイがしただけでチェンジする人がいることも事実です。本人が煙草を吸わなくても、煙草の煙が漂う部屋にいると嫌でもニオイがついてしまいます。集団待機が原因で、お客様を逃してしまう可能性もあるのです。

一方、個室待機なら煙草のニオイが付く心配はありません。喫煙者のデリヘル嬢が煙草の嫌いなお客様に付いてチェンジされるのは、ある意味で自己責任です。喫煙を続けるかお客様の枠を広げるか、本人の判断次第でしょう。しかし、今まで集団待機によって煙草のニオイがついてしまっていた非喫煙者のデリヘル嬢は、個室待機による恩恵を受けられると思います。もし、個室待機の風俗求人が出ていたら、迷わず選んでみてはいかがでしょうか。